韓流ブログ.com

韓流がもっと楽しくなる魔法のブログ

スポンサーリンク

【続編】iKON vs 神話(SHINHWA) オレンジのペンライトを巡ってファンが大荒れ(キム・ドンワンのコメント全文和訳あり)

time 2015/12/20

スポンサーリンク


昨日(12/19)に書いた、iKONの公式ペンライト「KONBAT」のオレンジペンライト問題。

155

記事のアップをするたびに自動的にツイッターで更新情報が流れるよう設定しているのですが、オレンジペンライト問題の更新ツイートが拡散されていたようで驚きました。

このブログのツイッターアカウント:@sakopae22
https://twitter.com/sakopae22
iKON vs 神話(SHINHWA) オレンジのペンライトを巡ってファンが大荒れ

ツイッターで#주황색은신화꺼(#オレンジは神話のもの)、#아이콘사랑해(#iKONサランへ)って出てくるけど何だろう?と疑問に思っていた方に読んでいただけたみたいです。

今回はその後の流れをまとめてみました。

 

前回のiKON vs 神話(SHINHWA) オレンジのペンライトを巡ってファンが大荒れを読んで頂ければ騒動の始まりが分かると思います。

簡単にまとめると…

12/18にYGがiKONの公式ペンライト「KOBANT」を発表

KONBATの色がオレンジだったため、オレンジを応援カラーにしている神話(SHINHWA)ファンがざわつく

12/18夜、神話のリーダー・エリックがツイッターで「オレンジは自分たちの色だから、後輩は使うのを避けてほしい」とコメント

エリックのコメントを受け、神話ファンが一斉にiKONのバッシングをスタート。#주황색은신화꺼(#オレンジは神話のもの)キャンペーン始動。

一部の神話ファンが下品な合成画像を作成したり、KONBATを下ネタでディスるなど暴走

下ネタやセクハラととれる内容を含んだバッシングに対し、iKONファンが「未成年メンバーもいるのにひどすぎる」と#아이콘사랑해(#iKONサランへ)キャンペーンで反撃。

 

…こんな感じですね。

ここからは前回の記事を書いた後の流れについて書きたいと思います。

さすがに神話ファンも、一部の暴走した下ネタには申し訳なく思ったようで#SORRYFORIKONとiKONに謝るハッシュタグをつける動きも出てきました。

一方のYGはこの問題には触れず、12/24にリリースになるiKONのアルバムについて、BIG BANGのG-DRAGON作詞・作曲の楽曲「I MISS YOU SO BAD」が収録されることを発表するなど、アルバムの情報のみを流しています。

これでだいぶiKONファンの気が、ペンラ問題からそれましたよね。

G-DRAGONの作詞・作曲…私も楽しみです。

スポンサーリンク


12/19午後には神話のキム・ドンワンが今回の騒動について言及しています。

김동완, 풍선 공식색 논란에 “색은 누구의 소유가 될 수 없어”

タイトルは「キム・ドンワン、風船の公式カラー問題に”色は誰の所有物にもならない”」です。

キム・ドンワンがfacebookに書き込んだ内容が記事になっていました。

15

ちょっと長すぎるのですが、頑張って全文和訳してみようと思います。

どんな理由があったとしても、どんなことが原因になったとしても、神話と神話創造(神話ファンのこと)という名前が使われたアカウントで行われた後輩たちに対するセクハラ発言に対して心から謝罪します。

神話創造もやはり、二度とこのようなことがないよう後輩のファンに対する礼を守るようお願いします。

現時点での私の気持ちはGODのジュンヒョン兄さんとFIN.K.L(ピンクル)のジュヒョン、Sechs Kies(ジャックスキス)のジウォン兄さんとほとんど同じです。

もう多くの点で後輩たちに譲らないといけない、彼らが成長できるように応援し励まさなければならない。自分たちの活動をおろそかにしないという前提で、私たちが受けた恩恵を彼らに渡さなければならない時期です。

今はもらうよりも、与えることに慣れなければならない位置にいる神話です。

オレンジは私たちだけの色ではありません。オレンジだけでなくこの世界の色は誰かが所有することはできません。

誰かのファンであれば、もしくは大きなファンクラブを持つ歌手であれば、絶対に知っている「無言のルール」を私たちの間だけで守ろうとしているだけでしょう。

所有できないものに対する所有欲で、私たちみんなが笑いものになることは望みません。

しかしひとつ、現実的に見逃せない部分があります。

来年の神話の活動です。長い期間年末の活動がなかった神話は自然と、授賞式と年末に準備される特別な舞台などからは遠ざかっていきました。

その年のよい活動を見せてくれた歌手たちと肩を並べて、数多くのファンクラブと盛大に(一年を)締めくくることは本当に素敵なことです。

そのため来年神話は河畔木の活動だけでなく、年末の授賞式の舞台でも神話創造と共にいる計画を立てています。

神話は2012年”the return”アルバム以降では、一番多くの舞台に立つ活動になる予定です。

自然と多くの後輩たち、そして多くのファンクラブたちと一緒になるでしょう。

神話の活動期間は、キラキラ光りエナジーあふれる多くの後輩たちと比べると長くありません。

神話と神話創造はこの長くない時間を、強烈に熱く過ごさなければなりません。

お互いのための時間はどんな障害物もないように願う、切実な気持ちがあります。

尊敬する先輩に神話の名前を挙げ、神話のようになることを夢見ていると言ってくれる後輩たちを見ると、とてもありがたくよくがんばってきたという気持ちになります。

私たちは尊敬を望みません。私たちが長年活動しながら守ってきた、いくつかのことに対する尊重を望むだけです。

神話と神話創造、そして神話が舞台から見ることになるオレンジの波のことです。

私たちへの尊重はあなたとあなたが愛する舞台上の英雄たちに還ってくるでしょう。

うーん、長い…苦笑

そして結局は「オレンジは自分たちのものだから、避けてほしい」ってことですよね?苦笑

記事のタイトルでは「キム・ドンワン、風船の公式カラー問題に”色は誰の所有物にもならない”」ですが、記事についているコメントを見ると、反応は私が感じたことと似ていました。

「共感」ボタンの数が多い順にコメントを3つ紹介すると、

16

【1位】
キム・ドンワンの文章をすべて読んで来てよww結論はオレンジは使うなですw

【2位】
全文読んでみた立場では–誰でも使える、だ!け!ど! オレンジは使うな。私たちは来年活動たくさんするから私たちのもの – ってことだけど?

【3位】
ただ使うなって言葉なんだけどwww

人それぞれの解釈だとは思いますが、私も読んだ限りでは上の3つのコメントと同じ意見です。

スポンサーリンク


一部の神話ファンが行った、iKONに対するセクハラを含むバッシングについては、内容が下ネタだらけなせいか主要ニュースでは言及されていないみたいです。

YGは今のところスルーしていますが、iKONのメンバーが一番かわいそうですよね。

グッズとか色って大人たちが勝手に決めてると思うんですが。

ファン同士の対立って、K-POPならではな感じがします。

日本だとどうしてもジャニーズに偏ってしまうのであまり大きくは揉めないですよね。

ファン同士の対立は男性グループに対する女性ファンの方が根深い気がします。

男性はすぐ他の女性アイドルに目移りしちゃったりする分、他のグループのファンに対してあまり何も考えていない気が…笑

女性ファンは一途な人が多い分、ファンたちが対立してしまうのかもしれません。

 

ペンライト騒動よりも、12/24に発表されるアルバムについての話題で注目を集めてほしいですね。

アルバム収録曲などの情報も流れてきていますが、G-DRAGONプロデュースの「I MISS YOU SO BAD」に自然と期待をしてしまいます。

リリース後に歌詞の日本語訳もこのブログでアップする予定なので、またツイッターで予告しようと思います。

よろしくお願いします。

 

<「WELCOME BACK」関連記事>
iKON 「지못미(APOLOGY)」 MV&歌詞日本語訳(ひらがなルビあり)
iKON vs 神話(SHINHWA) オレンジのペンライトを巡ってファンが大荒れ
【続編】iKON vs 神話(SHINHWA) オレンジのペンライトを巡ってファンが大荒れ(キム・ドンワンのコメント全文和訳あり)
iKON 12/24リリースのアルバム「WELCOME BACK」のトラックリスト発表(MV・歌詞和訳記事などまとめ)
iKON 「DUMB & DUMBER」 MV & 歌詞日本語訳(ひらがなルビあり)
iKON 「WHAT’S WRONG?」 MV & 歌詞日本語訳(ひらがなルビあり)
iKON 「I MISS YOU SO BAD」 歌詞日本語訳(ひらがなルビあり)



韓国最大級ファッション通販《STYLENANDA》

down

コメントする




CAPTCHA


スポンサードリンク

カレンダー

2015年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援お願いします

当ブログに掲載している歌詞・画像・動画等は個人で楽しむものであり、全ての著作権・肖像権は著作権元に帰属します。権利を侵害するものではありません。