G-DRAGONが入隊から1年のあいだに100日以上外出しているらしい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BIGBANG関連で、(また)あまりよくないニュースです。

G-DRAGONが2018年に入隊してからこの1年間、100日以上外出していて昇進試験にも落ちているらしい。

↓↓入隊から約3か月後の記事

スポンサーリンク


2019年2月26日にディスパッチにこんなニュースが出ていました。

[단독] 권지용, 상병진급 누락…1년 동안 100일 이상 출타
[独占] クォン・ジヨン, 上兵進級落第..1年間に100日以上外出

51

記事の内容を要約すると…

G-DRAGONは2018年4月5日に陸軍3師団に配属になった。現在は服務11カ月目だが、
まだ「一等兵」の階級であることが分かった。

陸軍の人事管理規則によると、階級別の服務期間は3ヶ月(二等兵)-7ヶ月(三等兵)-3ヶ月(兵長)となる。G-DRAGONの同期は「三等兵」に昇進している。

しかしG-DRAGONは「一等兵」のままだ。軍関係者は「事実上の進級脱落の対象者と見ていい。進級評価で合格点をもらえなかったケース」と語った。

G-DRAGONの進級が見送られたのは、頻繁な外出と関係があるようだ。

G-DRAGONは2月26日を基準に、364日服務している。そのうち約100日は部隊の外へ出ていた。生活の1/3を外部で過ごしたことになる。

服務期間に使える休暇と、1年間に使える病気による休暇を最大限に消化した。また、国軍病院で約40日間の外来治療も受けている。

ある関係者によると「G-DRAGONはほぼ毎月休暇をとっている。服務1年も経っていないにもかかわらず、年間28日の定期休暇をほぼすべて使いきってしまっている」とのこと。

G-DRAGONが所属している「白骨部隊」は、「現在一等兵であることは間違いない。だがプライバシーにかかわる部分については答えることができない」と、G-DRAGONが進級できていない理由についてはコメントを避けた。

要するに…

ジヨンは使える休暇を早々に使い切り、さらには入院(しかも個室を使うなど特別対応だったらしい)して軍隊を離れるなど、ありとあらゆる手段を使って外出しまくってるそうです。

ディスパッチのスクープ記事のニュアンスだと、明確な規律違反をしているというよりは、ちゃんと服務期間とみなされる「入院カード」をきるなど、グレーゾーンの範囲内で外出しまくっているとのこと。

↓↓2018年5月にジヨンの両親が経営するペンションで撮られたジヨンの姿
52

スポンサーリンク


まぁ、韓国の芸能人が入隊を不正に免除されたり、楽な部隊に所属されたり、入隊中も特別扱いを受けていることはよくあることだと思います。

韓国でもよく知られているはず。

で、もちろん批判されてます。

今回のジヨンの報道に関しては、もともと注目されすぎてる人なので、悪目立ちして叩かれてるように思います。

ちょっとかわいそうですよね。

だって芸能人ってみんなそんなもんだと思うんで。

これまで元気に歌って踊って芸能活動してたのに、入隊前に急に「持病のパニック障害が…」とか「もともと腎臓が悪くて…」とか、「極度の腰痛が…」とか言い出すことがよくあります。

で、病気を言い訳に自宅から通いで事務職などを行う「公益服務要員」として勤務することにより、入隊せずにすむ人がたくさんいます。

ジヨンは休暇を使いまくってるとしても、ちゃんと陸軍に入隊しただけえらいんじゃないかと。

スンリの件はまだ展開が読めないので、また進展があれば書きます。

不確かな情報を和訳して流したくないので…

↓↓って言ってる間に大きな進展がありました

BIGBANG絶不調だな。

テソンとテヤンは元気かな。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク