【プロデュース48】初回感想&最新順位(6月20日)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月15日に初回が放送された「プロデュース48」の感想と、最新の投票順位を書いてみます。

384

スポンサードリンク


1. プロデュース48とは
2. 初回の感想(山田野絵・後藤萌咲・竹内美宥が活躍)
3. 初回放送時に発表された順位
4. 6月20日に発表された順位
5. 最後に…

1. プロデュース48とは

「プロデュース48」とは、韓国でブームになった「プロデュース101」の第3シリーズです。

「プロデュース101」の第1弾はガールズグループのオーディション、第2弾はボーイズグループのオーディションでした。

「プロデュース48」は、第1弾のガールズグループオーディション形式をベースに、日本のAKB48ら48グループが参加。

最後まで残った女の子たちは、日韓両国でデビューできるそうです。

↓↓第1弾、第2弾からの流れはこちらの記事をご覧ください
http://hanryu-blog.com/2018/05/04/produce48/

プロデュース48の関連リンクをまとめます。

  • プロデュース48ホームページ⇒こちら
  • プロデュース48 インスタ公式アカウント⇒こちら

インスタには日本語付きでメンバーの色んな画像が載っているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

2. 初回の感想(山田野絵・後藤萌咲・竹内美宥が活躍)

それではさっそく6月15日の初回の感想を書いてみます。

うーん…

予想はしていましたが、日本の子たちのダンス・歌のレベルは韓国の練習生たちに比べるとかなりひどいです。

これからオーディションをするにあたって、初回では練習生たちのパフォーマンスを見てA~Fのレベルに振り分けます。(Aが一番上)

HKTの子たち(さくらたん以外)のパフォーマンス後の、審査員の先生の表情がこちら。

407 408

観てる私が胃が痛くなりそうでした。苦笑

先生が「一体あなたたちはグループに入るとき、何を評価されてオーディションに受かったの?」という怖すぎる質問が出ていました。

質問に答えられず、黙って泣いているメンバーたち…

何とか、みなぞう(今田美奈ちゃん)が「日本のアイドルはダンスを揃えたりすることより、愛嬌が評価されるんです」と答えると審査員は「文化が違うんだね」と言っていました。

そうなんですよね。

韓国のアイドルは完成された歌・ダンスが求められますが、日本のAKB48たちは愛嬌とかキャラが重要ですよね。

スポンサードリンク


圧倒的なレベルの違いに、観ている私がいたたまれなくなったのですが、それでも3名良い感じに結果を残しているメンバーがいたので紹介します。

①山田野絵ちゃん(NGT)

417

新潟の山田野絵ちゃん、軽い48グループ&46グループ好きの私ですがこの「プロデュース48」まで知りませんでした。

独特のハスキーボイスと、明るすぎるキャラクターで大活躍していました。

踊れないなりにも、弾けた元気いっぱいのダンスを披露して他のメンバーや審査員を一瞬で笑顔にした野絵ちゃん。

410

HKTの子たちにはめっちゃ怖い顔をしていた審査員にも「素質・オーラがある子だね」と笑いながら褒めてました。

409

明るさと物おじしない性格。大事ですね。

私も普段の自分の仕事を考えると、野絵ちゃんの姿から学ぶことがありました。

②後藤萌咲ちゃん、③竹内美宥ちゃんはこのパフォーマンス動画を観てみてください。

②後藤萌咲ちゃん(AKB)

416

花粉症で声が出なくて、急きょ歌わずにダンスだけ披露したもえきゅん。

表情の作り方がとても上手で、審査員も「他のふたり(美宥ちゃんとさっほー)の歌が上手だったけど、後藤萌咲の表情が魅力的過ぎて彼女だけ目で追ってしまった」と評価していました。

もともと歌も得意とするメンバーなので、今後のパフォーマンスに期待です。

そして17歳と若い!

168cmの高身長も、韓国では人気になる要素だと思います。

AKBだとあまり高身長のメンバーは人気になりづらいですよね。

スポンサードリンク


③竹内美宥ちゃん(AKB)

415

もともと歌が上手で、作詞作曲ができるハイスペックさんとして有名だった竹内美宥ちゃん。

AKBではそのスペックがいまいち評価されづらいように思います。(実力より愛嬌の世界だから)

このパフォーマンスでは「声が魅力的」「曲のアレンジもできるなんてすごい」と絶賛されています。

日本ではあんまり評価されなかった実力が、こういった機会に世に認められるのはとてもうれしいことですよね。

3. 初回放送時に発表された順位

6月15日、初回放送中に発表された順位はこちら。

414

日本人メンバーだけピックアップすると…

1位 宮脇咲良
4位 松井珠理奈
9位 白間美瑠
12位 小嶋真子

となります。

HKTのさくらたんが全体の1位でした。すごい!

スポンサードリンク


4. 6月20日に発表された順位

6月20日、プロデュース48のインスタアカウントで発表された順位はこちら。

413

こちらも日本人メンバーだけピックアップすると…

5位 宮脇咲良
8位 山田野絵
9位 後藤萌咲
11位 松井珠理奈
12位 竹内美宥

となります。

さくらたんから1位の座を奪ったのは、元アフタースクールのイ・ガウンちゃん。

418

8位の山田野絵ちゃん、9位の後藤萌咲ちゃん、12位の竹内美宥ちゃんは、上で書いたように初回放送で活躍したのがランクアップの理由かなぁと思います。

この3人がランクアップしていたから「活躍していたメンバー」でピックアップしたのではなく、本当に初回放送を観て高評価だったからもともと注目していたことを強調しておきます。(本当です!)

5. 最後に…

日本勢のボロ負けが目に見えていたので、視聴するかどうか迷っていた「プロデュース48」。

初回を観ると日本にも面白いメンバーがたくさんいて、今後の成長を見守りたいと思いました。

韓国好きで有名な宮崎美穂ちゃん(日本では叩かれがち)は、韓国では「何年も前から韓国好きを隠さずアピールしていた」と報道されて人気が出ています。

もともと歌がうまかったけどAKBではチャンスに恵まれなかった竹内美宥ちゃんも、韓国の反応を見ると「こんな歌上手い日本のアイドルがいたなんて知らなかった!」という意見が多いようです。

日本ではあまり報われなかったメンバーが、今回の「プロデュース48」でブレイクするきっかけになったらいいなぁと思います。

スポンサードリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク