韓流ブログ.com

韓流がもっと楽しくなる魔法のブログ

スポンサーリンク

SHINeeジョンヒョンの訃報 SM公式声明の和訳全文

time 2017/12/19

日本のファンの中には、「まだ心肺停止状態で、死亡はデマだ」というツイートが飛び交っています。

「韓国ネットでは、死亡断定のニュースしかないのに…」と思いながらファンの皆さんのツイートを見ていました。

生きていてくれていると信じたい気持ちは痛いほど分かります。

 

とても残念ですが、先ほどSHINeeの所属事務所SMエンターテインメントから、ジョンヒョンの死亡について公式発表がでたそうです。

[공식입장 전문] SM 측 “샤이니 종현, 죽음 깊은 애도..장례 조용히 치를 것”
[公式声明 全文] SM側”SHINeeジョンヒョン, 死亡に深い哀悼..葬儀は静かにとりおこなう”

記事にある公式発表を全文訳してみます。

293

SMエンターテインメントです。
あまりにも胸が痛く悲痛なお知らせをすることになり申し訳ございません。
12月18日にSHINeeメンバーのジョンヒョンが突然私たちのもとを去りました。

故人はソウルチョンダム洞のとあるレジデンスで倒れた状態で発見され、近くの大学病院に搬送されましたが、18日夜に死亡判定を受けました。

愛する息子と弟が去ってしまった遺族の悲しみと比べることはできませんが、長い時間を共にしてきたSHINeeのメンバーたちと我々SMエンターテインメントの同僚アーティストおよびスタッフもみんな大きな衝撃と悲しみの中で故人を哀悼しています。

ジョンヒョンは誰よりも音楽を愛し、常に最善を尽くしてステージを見せてくれる最高のアーティストでした。

ジョンヒョンに惜しみなく愛をくださったファンのみなさんに、悲しいお知らせを伝えることになりさらに心が痛みます。

突然の悲報に大きな悲しみにくれる遺族が、故人を敬虔に追悼できるように悪意のある噂や推測による報道は控えてもらえるようお願いします。

遺族の意向により、葬儀は家族と近しい知人と会社の同僚が出席し、可能な限り静かにとりおこなう予定です。

最後にもう一度、故人の最後の行く道に深い哀悼を送ります。

 

まだ若いのに。

SHINeeのライブも控えていたのに。

死因はまだ断定されていないそうですが、自宅ではないレジデンスで倒れていたジョンヒョン。

自殺をほのめかすメッセージを実姉に残していたり、倒れていた現場では練炭自殺を図ったと思われる痕跡があったりという報道があります。

これから捜査が進むと思うのですが、死に至った原因が何であれ心痛むニュースです。

 

SHINeeの大ファンというわけではないのですが、デビュー曲「ぬなのむいぇっぽ」は韓国留学中にオンタイムでヘビロテしていました。

ジョンヒョンにちょこっと顔が似ている友達がいて、みんなでよく「ジョンヒョンに似てるよね」とからかってみたり、私にとっても何かと思い出のある人でした。

ご冥福を祈ります。

スポンサードリンク


コメント

  • K-POP歴浅く、まだまだ勉強中で、彼のことはよく存じ上げませんでしたが、K-POPファンとしてはショッキングな出来事でした。
    彼に限らず、自ら命を絶ってしまう前に、何か・どこか、逃げ道は、生きる道はなかったのだろうか…いつも考えさせられます。

    韓国では時々このような事件が話題にあがりますが、事務所が所属アーティストや俳優に求めるものは、日本と違うレベルのものなのでしょうか。そのあたりの社会事情もまた知りたいなと思いました。

    最新の話題をすぐ翻訳してくださり、韓国語が全くわからない私には本当にありがたいです。いつも楽しみにしています。
    ありがとうございます。

    by ふ €2017年12月19日 9:47 AM

    • ふさん

      シャイニーファンでなくても、ショックを受けた事件でしたね。
      悲しんでいる同僚アイドルたちの姿を見て、ますます「他に方法はなかったのか」とやるせない気持ちになりました。

      韓国芸能界のその辺の事情も、また機会があれば書いてみたいと思います。

      またブログに遊びに来てくださいね。よいお年をお迎えください♪

      by annie €2017年12月29日 1:55 PM

down

コメントする




CAPTCHA


スポンサードリンク

カレンダー

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援お願いします

当ブログに掲載している歌詞・画像・動画等は個人で楽しむものであり、全ての著作権・肖像権は著作権元に帰属します。権利を侵害するものではありません。