ク・ハラがディスパッチに語った暴行事件の真相…元カレがクズすぎる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元KARAのク・ハラが、元カレに暴行をしたとして通報されている騒動。

スポンサードリンク


2018年9月17日に、韓国のネットメディア「ディスパッチ」がこんな独占記事を発表しました。

[단독] 구하라가 밝힌 그날 새벽…“폭언, 폭행, 그리고 협박”(인터뷰)
[単独]ク・ハラが明かしたその日の夜…”暴言、暴行、そして脅迫”(インタビュー)

303

これが本当ならハラちゃんめっちゃかわいそうだし元カレがクズすぎ…と衝撃だったので紹介します。

ディスパッチの記事を勝手に要約しながら、私のコメントもはさみます。

記事のポイントをざっくり言うと…

【主張の違い】

ク・ハラ:C氏、悪口を言いながら暴行された。身体にあざができた
C氏:お互いに暴行をしたのではない。一方的に殴られた。自分は女性を殴ったことはない

こんな感じ。

ク・ハラがインタビューに答えていて、自分のケガの様子も写真を提供したようです。

診断書まで公表していて、写真や診断書の証拠を掲示しながら、ヘアーデザイナーの元カレの主張に真っ向から反論しています。

スポンサードリンク


念のため、騒動をざっくり整理します。

ク・ハラの元カレでヘアーデザイナーのC氏は、ク・ハラに別れ話を切り出したところ一方的に殴られたとして警察へ通報。
ク・ハラはC氏にも殴られたと主張していますが、C氏は否定。

韓国のニュースサイト「ディスパッチ」が9月15日に、ク・ハラに面会。

騒動の流れはこんな感じ。

9月10日

  • ク・ハラはマネージャーと、芸能関係者A氏とランチをとった。ただA氏が同席していたことは伝えず、マネージャーとふたりでご飯を食べたと嘘をついた。
  • C氏はマネージャーと電話をし、その日のランチの席にA氏がいたことを知った。ク・ハラが自分に嘘をついたと怒った。

9月12日
ク・ハラはC氏が働く美容院の前に行った。ランチのことを釈明するためだった。C氏はすぐ家に帰るよう言った。
9月13日深夜12時30分
C氏はク・ハラが後輩と住んでいる家に来た。

ク・ハラの主張

  • 00時30分C氏が玄関を開けて入ってきた。酒に酔っていた。ク・ハラは後輩B氏の部屋で寝ていた。
  • 01時00分ふたりはB氏の部屋を出た。そして口げんかが始まり、手が出るけんかが始まった。

ク・ハラ「C氏が侮辱する言葉を言いながら強く押してきた。私もC氏を押した。C氏が私の頭をつかんでふりまわした。ホワイトボードに私を押し、空気清浄機を投げつけた。私もその過程で彼をひっかいた。ひどくけんかした。身体にあざができるぐらい」

下の2枚は、C氏に暴行されたク・ハラの手足。かわいそうすぎる。

300 301

B氏(ク・ハラの後輩で同居人)「C氏が出ていく音が聞こえた。私はすぐオンニ(ク・ハラ)の部屋へ行った。ホワイトボードが落ちていて、扉も壊れていた。空気清浄機も壊れていた。オンニは髪の毛を結んだまま寝る。私の部屋でもそうだった。でも髪の毛はほどけていて、手足は腫れてすりむけていた。顎も痛いと言っていた」

下の写真は、ク・ハラの家で撮影したそう。ク・ハラと後輩B氏の主張の通り、壊れた空気清浄機などが写っています。

302

01時20分C氏は家を出て、一連の脅迫をした。

ク・ハラ「C氏は家を出るときに”お前、芸能人生活終わるようにしてやる”と言った。自分は失うものがない、”ディスパッチ”に売ってやるといった。私はどうにかしてとめたかった。そしてまたカカオトークを送った。会って話をしようと」

実際に、C氏はその日の1時26分と4時20分ごろに、ディスパッチに「ク・ハラの情報があるので電話をください。[自身の携帯電話番号を書いている]連絡がなければ、他のところに売ります」というメールを送っている。

スポンサードリンク


ここまで書いていて、もう辛くなってきたのでやめます。ごめんなさい。

他にも、普段からC氏は嫉妬深く、ク・ハラの仕事関係の男性に対しても「あれは誰だ」と詮索してきた。

とも書いていました。

もともと嫉妬深い彼氏に、余計な心配をかけさせないように嘘をついたハラちゃん。

それがバレて激高した彼氏。みたいな感じですかね。

にしても、ここでは掲載を控えますが病院で書いてもらった診断書まで公表したハラちゃん。

手足のあざもひどいし、これが本当なら、元カレが自分も暴力をふるったり脅迫をしたくせに、ハラちゃんを一方的な悪者にしてマスコミに売ってる…としか見えませんよね。

最後に、ディスパッチの記事にあったハラちゃんのコメントを全文訳します。

私も悪いことをしたと分かっています。理由はなんであれ申し訳ないと思っています。でもまた誹謗中傷を受けたくありませんでした。こんな出来事でインタビューを受けることが恥ずかしいとも思いました。それでも事実は明らかにさせないとと思いました。もう活動できないとしても、違うものは違います

事実は分からないし、当人たちの問題だとは思うけれど…

ややこしい彼氏だったのかなぁと感じました。事実ならハラちゃんかわいそう。

スポンサードリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク