もはや私は「ユミの細胞たち」のユミになりたい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログで何度か取り上げてきた、韓国のウェブトゥーン「ユミの細胞たち」

スポンサードリンク


韓国のNAVERで連載されているウェブトゥーンでは、毎週水曜&土曜に更新されています。

64
ネイバーウェブトゥーン「ユミの細胞たち」ページ⇒こちら

日本語版もあります⇒こちら

韓国人の友達に進められて、「ユミの細胞たち」を読み始めました。

韓国語が分かるので、そのままNAVER WEBTOONの韓国語版を読んでいます。

「ユミの細胞たち」韓国語版の連載スタートは2015年4月。

2018年7月末現在では、323話まで連載が進んでいます。

どんどんイラストもかわいくなっていくし、ユミの環境もどんどん変化してきました。

私は連載からウェブトゥーンの中でも「ユミ推し」を続けていましたが、どんどんユミのことが好きになってきています。

もはや私は「ユミの細胞たち」のユミになりたいと考えるようになってしまいました。

以下、韓国ですでに公開されている内容を書くのでネタバレ注意です。

スポンサードリンク


ユミになってしまいたい!!!と思う理由4つです

1.ルックスがかわいい
2.性格がかわいい
3.彼氏バービーが素敵すぎる
4.会社を辞めて作家志望に

1.ルックスがかわいい

最新版のユミ。美しすぎます。

65 66

連載がはじまったころから、絵のテイスト変わりすぎですよね。笑

ファンもコメントでよく「ユミまた整形したね」とか、瞳が大きくなってキラキラしだしたので「どこのカラコン使ってるか教えて」と書き込んでいます。

ちなみに、こちらが連載当初のユミ。

71

2.性格がかわいい

ルックスだけでなく、性格もかわいいユミ。

友達想いだったり、ちょっと気が小さかったり自分に自信がなかったり。

食い意地を張っているところもかわいいです。

いつもの綺麗なユミも好きですが、たまにアホっぽい表情をするユミがツボです。

↓↓「へっ?」という表情をするユミ
68

↓↓デート中にもぐもぐするユミ
69

↓↓バイトに遅刻しそうで泣きながら走るユミ
70

こういう姿が親近感と言うか…好きなんですよね。

スポンサードリンク


3.彼氏バービーが素敵すぎる

ユミの彼氏は、ユミが以前に勤めていた会社で知り合ったバービー。

仕事もできて、イケメンで、気遣いができて、ユミのことを大切に思っている本当にパーフェクトな彼氏です。

67

一言で言うと「スイート」って感じ。

こんな彼氏ほしいな。

ユミは本当に幸せ者だと思います。

もちろん、ユミがとってもいい子で愛されキャラだから素敵な彼氏ができて当然なのですが。

4.会社を辞めて作家志望に

もともとユミ推しでしたが、「ユミになりたい!!」とまでは思っていませんでした。

「ユミになりたい!!!!」と思い始めたきっかけは、ユミが会社を辞めて作家を志したことです。

ユミはもともとバービーと同じ会社の、経理部で働いていました。(日本語版と設定が違っていたらすみません)

ある日文章を書くセンスを認められ、バービーが所属するマーケティング部に移動します。

実はユミは学生の時から文章を書くことが好きで、作家になりたかったそうです。

バービーと付き合いだしたころ、2017年11月の連載あたりでユミは会社を辞め、昔からの夢だった作家になるために公募に出す原稿を書き始めます。

↓↓自宅で原稿を書くユミ。
72 73

まるで自宅でこのブログなどを書いている私のよう。

私も文章を書くことが好きで、会社員の傍らこのブログを書いています。

思い切ってユミのように会社を辞めてしまいたい。。。。。笑

時間の余裕ができたユミは、小さな本屋さんでアルバイトを始めます。

74

いいなぁ…本屋さんでアルバイトしてみたい。

最近のユミの会社を辞めたり、作家を志したり、本屋さんでバイトしたり、家でゴロゴロする…という生活はまさに私がほしいもの。

このあたりから「もはやユミになりたい!!!!!!」と思うようになりました。

韓国語のオリジナル版では、そろそろ完結しそうな雰囲気が漂い始めています。

ずーっと読み続けたいけど、バービーと結婚して、念願の小説家デビューも果たして、ハッピーエンド!が近いのかもなぁと思う今日この頃です。

ユミになりたい。

スポンサードリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク