韓流ブログ.com

韓流がもっと楽しくなる魔法のブログ

スポンサーリンク

G-DRAGONソロ曲「無題(Untitled, 2014)」MV&歌詞日本語訳

time 2017/06/08

スポンサーリンク


2017年6月8日、G-DRAGONのソロアルバム「クォン・ジヨン」がリリースされました。

205

タイトルの「クォン・ジヨン」は、G-DRAGONの本名フルネームです。

「無題(Untitled, 2014)」という曲の歌詞を和訳してみました。

MVと合わせてご覧ください。

 

youtube BIGBANGアカウントより】

 

나에게 돌아오기가
なえげ とらおぎが
僕のもとに戻ってくるのが

어렵고 힘든 걸 알아
おりょっこ ひむどぅん ごる あら
難しく大変なことだって分かってる

이제 더는 상처받기가
いじぇ とぬん さんちょぱっきが
もうこれ以上は傷付くのが

두렵고 싫은 걸 알아
とぅりょっこ しるん ごる あら
怖くて嫌だって分かってる

네가 떠나 버린 그날에도
にが とな ぼりん くなれど
きみが去ってしまったあの日にも

모진 말로 널 울리고
もじん まるろ のる うるりご
ひどい言葉できみを泣かせて

뒤돌아 서서 후회해 미안해
てとら そそ ふへへ みあね
振り返って後悔している ごめん

 

제발 단 한 번이라도
ちぇばる たん はん ぼにらど
どうかたった一度だけでも

너를 볼 수 있다면
のるる ぼる す いったみょん
きみに会うことができるなら

내 모든 걸 다 잃어도 괜찮아
ね もどぅん ごる た いろど けんちゃな
僕のすべてを失っても構わない

꿈에서라도 너를 만나
くめそらど のるる まんな
夢でも君に会って

다시 사랑하기를
たし さらんはぎるる
また愛し合えますように

우리 이대로
うり いでろ
僕たちはこのままで

 

너에게 용서받기 보다
のえげ よんそぱっき ぼだ
きみに許してもらうことよりも

죽는 게 더 쉬울지 몰라
ちゅんぬん げ と しうるじ もるら
死ぬ方が簡単かもしれない

이 노래를 불러보지만
い のれるる ぷるろぼじまん
この歌を歌ってみるけれど

내 진심이 닿을지 몰라
ね ちんしみ たうるじ もるら
僕の本心が伝わるかどうかは分からない

 

네가 행복하기를 바래
にが へんぼっかぎるる ぱれ
きみの幸せを祈る

그 흔한 거짓말도 못하고
く ふなん こじんまるど もったご
そんなありふれた嘘もつけなくて

돌아오기만 기도해 미안해
とらおぎまん きどへ みあね
戻ってきてほしいと願う ごめん

 

제발 단 한 번이라도
ちぇばる たん はん ぼにらど
どうかたった一度だけでも

너를 볼 수 있다면
のるる ぼる す いったみょん
きみに会うことができるなら

내 모든 걸 다 잃어도 괜찮아
ね もどぅん ごる た いろど けんちゃな
僕のすべてを失っても構わない

꿈에서라도 너를 만나
くめそらど のるる まんな
夢でも君に会って

다시 사랑하기를
たし さらんはぎるる
また愛し合えますように

우리 이대로
うり いでろ
僕たちはこのままで

 

이제는 끝이라는 마지막이라는
いじぇぬん くちらぬん まじまぎらぬん
もう終わりだと最後だと

너의 그 맘을 난 믿을 수 없어
のえ く まむる なん みどぅる す おぷそ
きみのその気持ちを僕は信じることができない

I can’t let go
cuz you never know

내겐 너 같은 너에겐 나 같은
ねげん の かとぅん のえげん な かとぅん
僕にはきみみたいな、君には僕みたいな

그런 사랑은 두 번 다시는 없어
くろん さらんぬん とぅ ぼん たしぬん おぷそ
そんな愛はもう二度と訪れないだろう

Nobody knows…
we always know

 

제발 단 한 번이라도
ちぇばる たん はん ぼにらど
どうかたった一度だけでも

너를 볼 수 있다면
のるる ぼる す いったみょん
きみに会うことができるなら

내 모든 걸 다 잃어도 괜찮아
ね もどぅん ごる た いろど けんちゃな
僕のすべてを失っても構わない

꿈에서라도 너를 만나
くめそらど のるる まんな
夢でも君に会って

다시 사랑하기를
たし さらんはぎるる
また愛し合えますように

 

지금 이 시간이 지나가고
ちぐむ い しがに ちながご
今この時間が過ぎて

다 잊을 수 있다면
た いじゅる す いったみょん
すべて忘れることができたなら

그 기억도 행복했던 추억도
く きおくと へんぼっけっとん ちゅおくと
その記憶も幸せだった思い出も

아니 다음 생 에도 너를 만나
あに たうむ せんえど のるる まんな
いや、来世でもきみに出会って

다시 사랑하기를
たし さらんはぎるる
愛し合えますように

예전 그대로
えじょん くでろ
以前のように

スポンサーリンク


ピアノのメロディが印象深い、バラード曲です。

歌詞を見てみると…失恋ソングですね。

曲のタイトル「無題(Untitled 2014)」について私個人の見解ですが…

美術館などで海外の絵画を見ると、よく「絵のタイトル, 作成された年代」の説明書きがされています。

フェルメールのこの有名な画であれば、
206

「真珠の耳飾りの少女, 1665」

みたいなイメージです。

そしてタイトルがついていない作品に関しては「無題(英語ではUntitled)」と書かれます。

美術にも関心が深いG-DRAGON。

この新曲のタイトル「無題(Untitled, 2014)」は、絵画のタイトルの付け方に由来しているのかなぁと思いました。

2014年に経験した失恋のこと?と深読みしてしまいます。

(あくまでも私の感想です)

【追記】

G-DRAGONの生年月日、1988年8月18日の数字を足して「1988+8+18=2014」という説もあります。

また、BIGBANGの「IF YOU」は発表になる数年前に作ったとコメントしています。

この「無題」も2014年に作った曲だから「2014」なのでは?という説も…

今のところ「2014」の意味については、G-DRAGONが直接言及していないようなので詳細は不明です。

スポンサーリンク


そして、ひとつ印象に残った歌詞があります。

네가 행복하기를 바래
にが へんぼっかぎるる ぱれ
きみの幸せを祈る

그 흔한 거짓말도 못하고
く ふなん こじんまるど もったご
そんなありふれた嘘もつけなくて

돌아오기만 기도해 미안해
とらおぎまん きどへ みあね
戻ってきてほしいと願う ごめん

という2番のサビ前の部分です。

器がちっちゃい気もしますけど、実際失恋したてってみんなこんな感じですよね?

相手の幸せなんて願えません。笑

かっこ悪いけど、正直なこの歌詞が胸に刺さりました。

スポンサーリンク


MVは歌うG-DRAGONの姿を取り続け、背景や光の具合が変化する構成です。

レース?みたいな素材の衣装を着ているG-DRAGON。

動くたびに身体のシルエットが見えるのですが、細すぎてびっくりしました。

202 203

「痩せた」というよりは「やつれた」という感じ…

ちょっと心配です。

曲の最後は、横を向いてピアノを弾くジェスチャーをしています。

204

失恋の悲しい歌だからだと思いますが、全体的にG-DRAGONがやつれているのがひっかかりました。

 

みなさんも同じだと思いますが、TOPさんのことが気になって仕方ありません。

ジヨンもこのタイミングでのソロ活動は色んな意味でキツいんじゃないかと。

TOPの状態が一番気がかりですが、他のメンバーの気持ちを考えると本当にいたたまれなくなります。

↓↓アルバム「クォン・ジヨン」アマゾン

コメント

  • 和訳ありがとうございますm(__)m
    ‥君に許してもらうことよりも‥戻ってきてほしいと願う‥というところがGD の曲で失恋ソングなのに、今のtopさんと重なりました(T-T)あの一件で離れてしまうかもしれない人達や緊急搬送されたtopさんに、戻ってきて欲しいと願ったことや 色々な想いがあふれてきました。
    深読み私もよくしてしまいます(笑) IF YOUと同じ頃だとしたなら あの人かなとか‥意味深な歌詞ですね。

    by 熊木李 €2017年6月10日 1:41 PM

    • 熊木李さん

      コメントありがとうございます。
      TOPのこともある中で、ソロ活動をするG-DRAGONの心境を察することもできませんが、見ている私たちも何とも言えない感情になりますよね。。。
      とりあえずこんな状況でも、GDソロは(当たり前ですが)ランキング首位を独占しているようなので一安心です。

      by annie €2017年6月13日 7:05 PM

down

コメントする




CAPTCHA


スポンサードリンク

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援お願いします

当ブログに掲載している歌詞・画像・動画等は個人で楽しむものであり、全ての著作権・肖像権は著作権元に帰属します。権利を侵害するものではありません。