やりきれないニュースが続きました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あえて直接触れることはやめます。

悲しいニュースが続きました。

人が亡くなるのは本当に悲しい。

まして若くてキラキラ輝いていた人が、自ら命を絶つなんてやりきれない。

前回の時に、このブログにも「こんな記事書いてたあなたのせいでもある」みたいなコメントが寄せられました。

一理あるのかもしれません。

このブログで以前書いたことがある記事が、訃報によって急にアクセス数が増えました。

このブログなんてほんと大したことないけど、日本のニュースだって個人ブログだって、ショッキングなニュースがあればアクセスが増えますよね。

記者はそれで稼いでるし、個人ブログもそれでお小遣いが入る。

人が亡くなることで稼ぐってシステムは一体何なんだろう。

私は訃報でブログのアクセス数を上げたくないです。

この記事にもきっと「それなら書かなきゃいい」「偽善だ」というコメントが寄せられるでしょう。

そうやって今度は私のブログを攻撃する…そういうあなたは、私を追い込んでいることにはならないのでしょうか。

何があったか私には全部分からない。

でも死を選ぶのは悲しすぎる。

誰かに傷つけられたなら、そいつを見返すぐらい幸せに生きることを目標にすればいい。

どれだけ辛いことがあっても、時間が解決するかもしれない。

…って言うのは簡単だけど、病気になるとそう思えなくなるんですよね。

その部分は、私も軽度ですが体験済みなので分かります。

日本人とか、韓国人とか、一般人とか、芸能人とか関係なく、あなたが誰であっても私はとにかくあなたに生きててほしい。

訃報が続き、このブログの在り方について、疑問に思うことが増えました。

結論も出ないこの投稿。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. Ashley より:

    何年もずっとこのブログを読ませて頂いているものです。最初はBBがきっかけだったのですが、他のブログにはない切り口や豊かな文章が好きでこちらの影響でチョンリョウォンのファンにもなりました。最近は実は久しぶりにブログを読ませて頂いたのですが、何年経ってもブログ主さんの記事に対する思いは一緒です。アーティスト達に対して尊敬心と愛を持って書かれているんだなと。
    書く事も自由であればそのコメントも自由だけど、敢えて書かなくてもいいことを書く人はいるんです。そういう人達にも真摯に向き合ってる印象を受けたので、お会いした事はないですがそういう人間になりたいなと思いました。何が言いたいかよくわからなかったらごめんなさい。わがままかもしれませんが、こちらのブログ大好きなのでなくならないで欲しいです。

    • annie より:

      Ashleyさま

      ブログ訪問&コメントありがとうございます。
      ちょっとネガティブ?な記事でしたが、心優しいコメントを頂きとてもてうれしかったです。
      コメントはすぐに読んでいたのですが、返信が遅くなりすみません…
      温かいコメントを頂いてとても励みになりました!
      このブログだけでなく、私の人間性(おおげさですかね?笑)までポジティブなコメントをいただき
      ハッピーな気持ちでいっぱいです。
      Ashleyさんもコメントで私にここまで勇気と自信をくれたので、とても素敵なお人だと思います。

      紛らわしい書き方をしてしまいましたが、ブログやめます宣言ではないのでご安心ください。
      当面やめるつもりはありません。更新はこんな感じで全くできていませんが。。。
      また気が向いたら覗きに来てくださいね^^