韓流ブログ.com

韓流がもっと楽しくなる魔法のブログ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「チーズインザトラップ」 キャスト&あらすじ(ネタバレあり)

time 2016/04/08

スポンサーリンク


今回紹介するのは、2016年1月~3月まで放送されていた韓国ドラマ「チーズインザトラップ」です。

4

↓↓ドラマの公式ホームページはこちら
http://program.interest.me/tvn/tvncheese

 

1. WEBTOONについて
2. 原作紹介
3. キャスト紹介
4. 登場人物相関図
5. あらすじ
6. 大好評…からのバッシング騒動
7. まとめ

 

1. WEBTOONについて

最近ヒット作を連発しているケーブルチャンネルtvNのドラマだったので、初回からリアルタイムでチェックしていました。

原作は同じタイトルの「チーズインザトラップ」というwebtoon(ウェブ漫画)です。

日本でも漫画をドラマ化したり、映画化することが増えていますね。

韓国のドラマ界でも同じように、「webtoonをドラマ化⇒ヒット」という傾向が多くみられるようになりました。

最近webtoonにハマっているので、おすすめの作品は次回まとめて紹介したいと思います。

このブログで以前紹介したwebtoon原作のドラマの記事です

 

2. 原作紹介

原作の韓国語版webtoonはNAVER webtoonで読むことができます⇒こちら

そして日本語に訳されたものを、LINEマンガで読むことができます⇒こちら

韓国語版は1~3部が現在有料、4部のみ無料公開になっています。

LINEマンガの日本語版は、誤字脱字がちょくちょくあるので気になりますが…苦笑

140

原作も面白いマンガなので、必ず時間の余裕がある時に読み始めてください!!

面白すぎるので忙しい時には見ない方がいいです。笑

 

3. キャスト紹介

ドラマがスタートした頃、キャストが漫画のキャラクターとそっくりすぎて「シンクロ率がヤバい」と評判になりました。

メインキャスト3人の簡単な紹介と、漫画&実写の写真を貼ります。

◆ユ・ジョン(パク・ヘジン)
1

父親が大手企業の社長、子供のころから何不自由ない生活を送ってきたユ・ジョン。

勉強もできて要領もよく人当たりも良いが、他人を自分の思い通りに操ろうとするところがあり、トラブルも多いミステリアスなキャラクター。

 

◆ホン・ソル(キム・ゴウン)
2

平凡な見た目の、さえない大学生。

真面目に勉強やアルバイトをがんばる優等生。

空気を読みすぎて、「自分のしたいこと」より「周りが望むこと」をしてしまう性格。

 

◆ペク・インホ(ソ・ガンジュン)
3

幼いころに孤児になり、姉のインハとふたりでユ・ジョンの家族に迎え入れられる。

勉強はできないがピアノの天才。

高校生の頃、手をケガして以来ピアノをあきらめ、荒れた生活を送っている。

手のケガはユ・ジョンのせいだと考えており、ユ・ジョンとは敵対関係。

 

4. 登場人物相関図

ドラマの公式HPにあった登場人物の相関図に、日本語訳を加えてみました。
キャプチャ

スポンサーリンク


5. あらすじ

以下ネタバレを含みます。

平凡な大学生ホン・ソルが、学科の先輩ユ・ジョンに出会うところからストーリーは始まります。

最初はお互い「何か気に入らない、嫌い」という感情を持っていますが、徐々に誤解が解けて親密になっていきます。

5 6

いつも我慢ばかりしてきたソルはユ・ジョンに出会い、「嫌なことは嫌」と断る勇気を持ちます。

いつも財閥社長の父の立場やお金目当てで自分に近づく人たちにうんざりしていたユ・ジョンは心に壁を作っていましたが、ソルに出会い、ソルに対しては本心を見せることができるようになります。

正反対のふたりが、お互いにいい影響を与え合いながら恋に落ちていきます…

7
8

ふたりは両想いになり結ばれますが、幼いころからユ・ジョンの家で一緒に育ったペク・インホがソルに恋をしてしまい、三角関係になります。

9

登場人物みんな、悩みや欠点を抱えて生きています。

みんな長所もあるし短所もある…完璧な「いい人」「悪い人」は出てこないドラマだと私は思いました。

この解釈は個人的なものですが…

ユ・ジョンも結構ひねくれてますし、ソルもたまに利己的だったりするんですよね。

そんな完璧じゃないキャラクターたちに親しみをもってドラマを見ていました。

スポンサーリンク


6. 大好評…からのバッシング騒動

ドラマ開始から、もともとの原作人気も手伝ってドラマは大好評でした。

キャストのシンクロ率が高いと話題になりました。

ところが中盤から、バッシングが始まったんです。

その理由はいくつかあるのですが、一番の大きな理由は

主人公のユ・ジョンの登場シーンが少なすぎる。
そしてユ・ジョンのライバルのペク・インホの出演シーンが(サブキャストなのに)多すぎる

というものでした。

ドラマの後半は主役のユ・ジョンがなかなか出てこないんです…苦笑

↓↓かわいそうなユ・ジョン役のパク・ヘジン…
10

そして原作の中ではユ・ジョンがしていた行動などを、ドラマではペク・インホがやっている…という謎の展開に。

いつの間にか主役が入れ替わっている…と、視聴者は不満に思ったよう。

「ドラマのスタッフがペク・インホのファンなんでしょ」と、原作ファンやドラマの視聴者がハッシングを始めました。

さらにはWEBTOONの原作者スンキがドラマの放送中、自身のブログに「ドラマの展開については何も知らされていないし、ドラマの制作陣からは連絡が全く来ない」と不満を告白し、騒動が大きくなりました。

ドラマ開始時には視聴率もよかったので、クランクアップ後にスタッフやキャストは慰安旅行に出かけたそうです。

ただ主役のパク・ヘジンは旅行に参加しないなど、何となく後味が悪い終わり方でした。

スタートが好評だっただけに残念です。

 

7. まとめ

私は最後まで楽んで見ることができました。

ただ主役のユ・ジョンを演じたパク・ヘジンのファンの方は「何で主役なのにパク・ヘジンの出番が少ないの?」と、もやもやするかも知れません。

善と悪がハッキリしていたり、ドロドロの愛憎劇だったりが多い韓国ドラマですが、この「チーズインザトラップ」はサクっと見れていいかなぁ…と。

tvNは私好みのドラマが本当に多いです。

WEBTOONに最近ハマっているので、次の機会に紹介したいと思います♪

down

コメントする




CAPTCHA


スポンサードリンク

カレンダー

2016年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援お願いします

当ブログに掲載している歌詞・画像・動画等は個人で楽しむものであり、全ての著作権・肖像権は著作権元に帰属します。権利を侵害するものではありません。