韓流ブログ.com

韓流がもっと楽しくなる魔法のブログ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「マダムアントワン」 キャスト&あらすじ(ネタバレあり)

time 2016/07/10

スポンサーリンク


今回紹介するのは、韓国で2016年1月~3月まで放送されていたドラマ「マダムアントワン」です。

邦題は「カフェ・アントワーヌの秘密」だそうですね。

主演はハン・イェスル&ソンジュン。

134

JTBCドラマ「マダムアントワン」公式ホームページ⇒こちら

ポスター左上に書いてある文章ですが、

운명을 모르는 점쟁이
사랑을 모르는 심리학자를 만나다

簡単に訳すと…

運命を知らない占い師
愛を知らない心理学者に出会う

となります。

「運命を知らない占い師」はハン・イェスル演じるヒロインのコ・ヘリムのこと。

「愛を知らない心理学者」はソンジュン演じるチェ・スヒョンのことです。

1. 登場人物(相関図)
2. メインキャスト
3. あらすじ(ネタバレあり)
4. みどころ

 

1. 登場人物(相関図)

まずは、公式ホームページにある登場人物の相関図です。
135

上から日本語を付けてみました。
140

キャストの詳細は、次の「キャスト紹介」に書きたいと思います。

 

2. メインキャスト

まずは主人公カップルのプロフィールです。

青字の韓国語のみ、簡単に訳しました。

◆コ・ヘリム(ハン・イェスル)
137

インチキ占い師、易名:マダムアントワン

ヒロインのコ・ヘリムは離婚歴があり、娘が一人いるシングルマザーです。

演技力と洞察力をフル稼働し、「マダムアントワン」の名で占いカフェを経営しています。

「自分はマリーアントワネットと会話ができる」という設定でインチキ占いをしています。

本当は相談に来たお客さんの身なりや、表情、仕草から悩みや家庭環境を推測して話しているだけ…

海外に留学している一人娘を大事にしている、情が深いお母さんです。

 

◆チェ・スヒョン(ソンジュン)
139

マダムアントワン心理相談センター長、臨床心理専門家

若くして成功した、頭脳明晰な心理学専門家です。

とっても優秀なのですが、「人の気持ち」が理解できず時には残忍な行動をとることも。

幼いころに母親と別れたトラウマを抱え、「恋や愛なんて錯覚だ」と言い切るドライな性格。

 

◆ チェ・スンチャン(チョン・ジヌン)
143

チョン・ジヌンは2AMのメンバーとしても有名かもしれません。

ソンジュン演じるスヒョンの腹違いの弟、スンチャン役で出演していました。

兄スヒョンと正反対で、人懐っこい性格のスンチャン。

最初は兄の実験のためにヘリムに近づきますが、すぐ本当にヘリムのことが好きになってしまいます。

ヘリムに何度も「好きです」とストレートに伝える、まっすぐな姿が印象的でした。

スポンサーリンク


◆ ウォン・ジホ(イ・ジュヒョン)
142

スヒョンの助手として心理相談センターで働くジホ。

IQがものすごく高い天才なのですが、人の気持ち…特に女心に無頓着で恋愛下手です。

最初はヘリムに想いをよせますが、あっけなくふられてしまいます。

そしてヘリムの妹ユリムにアプローチされ、戸惑いながらも最終的にはくっつきます。

スポンサーリンク


3. あらすじ(ネタバレあり)

コ・ヘリムが1階で占いカフェを経営している建物の2階に、チェ・スヒョンが心理相談センターを開いたことがきっかけでふたりは出会います。

離婚歴があるコ・ヘリムは、恋愛や結婚にはネガティブな感情を持っていますが、とても情が厚くロマンチスト。
138

チェ・スヒョンは恋や愛を信じない、ドライな性格です。
136

スヒョンは自身の恋愛に関する心理実験の対象にヘリムを選びます。

実験対象としてヘリムに近づき、ヘリムに「好きになった」とアピール(実験のための嘘)をするスヒョン。

でも次第に本当にヘリムに惹かれるようになるんですよね…(韓国ドラマにありがちな展開!!笑)

ヘリムもスヒョンに惹かれるのですが、「実験のために自分に近づいた」という事実を知ってショックを受けます。

「これは実験? 本当の恋?」とふたりが葛藤する様子が描かれています。

 

4. みどころ

ふたりの恋愛模様とは別軸で、さまざまなゲストのカウンセリングの様子が描かれているのですが、そのストーリーも面白いんです。

心理分析の用語や知識が散りばめられているのが、このドラマのみどころポイントです。

多重人格の女性、過去のトラウマが原因で幻聴・幻覚に悩まされる大企業の会長など…

ゲストのうちのひとりとして、ガールズグループRAINBOWのジェギョンが歌手・ジュニ役で出演しています。

↓↓ドラマの中のジェギョン
148

「全ての人から愛されたい」という衝動に駆られ、興味を引くためにわがままな行動をエスカレートさせていく役でした。

「愛されたい」という欲望が強迫観念に変わり、呼吸困難で倒れるなどの症状が出てしまうジュニ。

スヒョンの心理相談センターを訪れます。

スヒョンが相談を受けながら患者さんの問題を解決していくのですが、心理学の難しい専門用語がたくさんでてきます。

ちゃんと字幕で説明がついていますが、私は全く知識がないのでちょっと難しかったです。

心理学に興味のある方には、勉強にもなるし楽しめるかもしれません。

 

ドラマもうひとつのみどころポイントは…

正直私はドラマのストーリーよりも、主人公カップルのビジュアルが目的で観ていました。

ハン・イェスルも、ソンジュンも、ルックスが大好きなので…

↓↓顔合わせ&本読みの時
144

↓↓ドラマのキャスティングに合わせて雑誌に掲載されたツーショットグラビア
145
141

美男美女です!

ラブシーンもとにかく美しい!
147
146

 

視聴率はあまりよくなかったようですが、ハン・イェスルとソンジュンが好きな方、心理学に興味がある方にお勧めのドラマです。

スポンサーリンク


down

コメントする




CAPTCHA


スポンサードリンク

カレンダー

2016年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援お願いします

当ブログに掲載している歌詞・画像・動画等は個人で楽しむものであり、全ての著作権・肖像権は著作権元に帰属します。権利を侵害するものではありません。